高含水といった目が乾きにくいカラコンの選び方を一挙公開!

ドライアイの人にも安心して使えるオススメカラコン

瞳のドライアイ症状とは

ドライアイとは、涙の分泌量が安定せず、瞳が乾いていることを言います。 涙の分泌量が少なくなると、自然と瞬きの回数も多くなりますし、シュパシュパした感じになってしまったり、ゴロゴロした違和感が出てきます。 正常な瞳は、常に涙の成分で潤った状態であり、白目もクリアでとても綺麗です。 ですが、ドライアイになってしまうと、涙が出てこないので瞳が傷つきやすくなってしまったり、瞳が疲れやすくなったり、瞳が充血してしまったりします。 そういったさまざまな瞳トラブルは、カラコンを愛用する人にとっては大敵なのです。 カラコンを装着することで、多少なりとも瞳に負担をかけてしまいますが、ドライアイの瞳ではさらに負担が大きくなってしまいます。 だからこそ、ドライアイに悩む方は、カラコンの選び方にも気を使う必要があります。

ドライアイにオススメなカラコンとは

ドライアイの人でも、カラコンでのオシャレを楽しみたいですよね。 瞳を大きく魅せたり、瞳のカラーをチェンジして楽しむことは、オシャレな女子にとって重要なことです。 ですがドライアイの人が、カラコンの選び方を間違えると、瞳に大きな悪影響を与えてしまうので注意が必要です。 ドライアイの人にオススメしたいカラコンは、レンズが低含水率になっているものです。 低含水率レンズは、レンズそのものの水分量が低めになっています。 一般的に38.0%くらいが低含水率レンズと呼ばれていますが、少ない水分量でも長時間レンズ自体が乾きづらく、柔らかな感触が特長です。 レンズの水分量が少ないと、すぐに瞳が乾燥してしまうようなイメージがありますが、そうではありません。 多くの水分量を必要としないことで、瞳に負担がかかりづらく、涙の分泌量が安定して、一定に保たれます。 すると自然にドライアイ症状が落ち着き、乾きやすさからも解放されるんです。 涙の成分を多く必要としない低含水率レンズは、とても瞳に優しいですし、つけ心地も滑らかなのでドライアイの方にも安心です。

お役立ちコラム

カラコンレポ

運営者情報 お問い合せ